TSB・ケア・アカデミー

特定技能ビルクリーニング分野の雇用支援

SSW Building Cleaning

ビルクリーニング企業様の人材採用に関するお悩みを解決します

これらの人材不足を課題とされるビルクリーニング企業様をTSBケアアカデミーがサポートいたします。

TSBのビルクリーニング特定技能の雇用支援の強み

ビルメン企業の採用担当者が直面する人手不足の課題と、特定技能外国人労働者の採用に関する懸念に対応するための解決策を提供します。

1。ビルクリーニング人材の育成力

TSBケアアカデミーは、ビルメンテナンス業界に特化した人材育成を行っています。ホテル清掃やビルクリーニングの業務全般にわたる専門的なトレーニングを受けた人材が在籍しており、高い専門性を備えています。また、コミュニケーションが重要な業務においても円滑に対応できるよう、日本語資格を有し、コミュニケーション力に優れた人材を選りすぐってご紹介します。これにより、ビルメン企業が直面する人手不足の問題を効果的に解決し、業務品質の向上にも貢献します。

TSBのビルクリーニング特定技能人材を見る

2。ビルクリーニング人材の採用力

TSBケアアカデミーでは、独自のメディアチャネルとソーシャルメディアを駆使した効果的な人材採用戦略を展開しています。特に自社メディアや、Fbなどのソーシャルメディア、YouTube動画を通じて、ビルクリーン業界に興味を持つ人材を広く集める取り組みを行っています。これにより、多様なバックグラウンドを持つ優秀な人材の採用が可能となり、ビルメン企業の多様なニーズに応えます。

3。ビルクリーニング人材のサポート力

採用した人材が業務をスムーズに行えるよう、TSBケアアカデミーでは万全のサポート体制を整えています。具体的には、採用後のフォローアップや継続的な教育、職場での適応支援など、人材が安心して働ける環境を提供します。このサポート体制により、新たに加わった外国人労働者が早期に職場に馴染み、長期的に活躍できる基盤を作ります。また、企業側の懸念や不安を解消し、円滑な人材活用をサポートします。

たくさんの特定技能人材がビルクリーニング業を志望しています

TSBケアアカデミーでは、ホテル清掃やビルクリーニングの業務全般において、専門的なトレーニングを受けた人材が豊富に在籍しています。また、日本語資格を取得し、コミュニケーション力に優れた人材のみをご紹介しております。

ビルクリーニング分野における特定技能人材の成功事例インタビュー

採用事例1 : ビジネスホテル/東京都

インタビュアー: ホテルのビジネスにおいて、特に東京のような大都市でのサービス水準の維持はどのようになされていますか?

採用担当者: 東京のような大都市ではサービスと清潔な環境の需要が非常に高いです。私たちのホテルでは、この高い水準を維持するために、常に優秀なスタッフを求めています。特に、ホテル業務スタッフの不足は深刻な問題でした。

インタビュアー: その解決策として、外国人スタッフの採用をどのように進めていますか?

採用担当者: 我々は外国人人材の採用を積極的に検討し、特にビルクリーニングのスキルを持つ人材を求めました。その結果、ベトナムから2名の特定技能生を迎えることに成功しました。彼らは日本での就労に必要な日本語研修とビルクリーニングに関する専門的なトレーニングを受けていました。

インタビュアー: 彼らの業務への貢献はどのようなものでしたか?

採用担当者: 彼らは期待を遥かに上回る成果を示してくれました。清掃作業をただ行うだけでなく、効率的かつ効果的に行う方法を模索しています。客室の清掃では、清潔さを保ちつつ作業時間を大幅に短縮し、公共スペースの清掃も手際よくこなしています。

インタビュアー: 彼らの存在が他のスタッフに与えた影響について教えてください。

採用担当者: 彼らの勤勉さとプロ意識は他のスタッフにも良い影響を与えました。特にコミュニケーション能力の向上に注力し、お客様との対話を通じてサービス精神を磨いています。これは彼らがTSBケアアカデミーで受けた教育の成果だと思います。

インタビュアー: この成功事例から、ホテル業界における多様性の重要性についてどのように考えていますか?

採用担当者: この事例は、多様なバックグラウンドを持つスタッフが協力する大切さを教えてくれました。国際的な視点を持つことで、より幅広い客層に対応できるサービスを提供できます。私たちは今後も多様性を重視し、国際的な人材の採用を積極的に進めていく方針です。

「特定技能 ビルクリーニング分野」の外国人を雇用するための条件

ビルクリーニング分野における特定技能外国人労働者の雇用には、法令に基づく一定の条件が設けられています。これらの条件を満たすことにより、適切な外国人労働者の受け入れが可能となります。

  1. 営業所の知事登録の必要性:雇用される営業所は、建築物清掃業または建築物環境衛生総合管理業としての「知事登録」を受けている必要があります。この登録は営業所ごとに必要であり、法人単位での登録ではありません。
  2. 直接雇用の原則:特定技能外国人は、知事登録を受けた営業所に直接雇用される必要があります。これにより、適切な労働条件のもとでの就業が保証されます。
  3. 職務記述書の遵守:厚生労働省が公表する職務記述書に適合する業務内容であることが求められます。これにより、特定技能外国人が適切な業務に従事することが確保されます。
  4. 協議会の構成員であること:雇用機関は、ビルクリーニング分野における特定技能外国人の受け入れに関する協議会の構成員でなければなりません。特定技能外国人を雇用する際は、4ヶ月以内に協議会の構成員となることが求められます。
  5. 協議会との協力:協議会で協議が整った事項に関して適切な措置を講じることが必要です。また、厚生労働省による調査や指導にも協力することが求められます。

これらの条件を遵守することにより、ビルクリーニング業界において特定技能外国人労働者の受け入れが可能となり、業務の効率化や人手不足の解消に寄与することが期待されます。

特定技能ビルクリーニング分野における、よくあるご質問

Q:特定技能人材ができる清掃業務にはどのようなものがありますか?
A:ビルクリーニング分野の特定技能外国人は、主に建物内部の清掃ができることになっていますが、その業務の範囲はとても広く、美術館・学校・病院・福祉施設など、用途や規模に関わらず内部の清掃をおこなうことが可能です。
Q:宿泊施設のベッドメイキング業務は可能でしょうか?
A:可能です。特定技能「ビルクリーニング」ではホテルの仕事であるベッドメイキング業務も従事可能になりました。建物内の清掃だけでなく、ホテルの客室のベッドメイキングも作業の1つとみなされるようになりました。
Q:人材の日本語能力はどのくらいですか?
A:TSBでは日本語教育においてN4同等レベル(基本的な日本語を理解できるレベル)を目指した指導体制が整っています。またオンラインなどで定期的に日本語講座、技術研修など学習の場を行い、能力の向上をはかる場を提供しています。
Q:現在のビルメンテナンス業界全体の状況はどのようなものでしょう。自社のことしか分かっていないように感じるので教えてほしいです。
A:ビルメンテナンス業界では、清掃機械・ロボットの開発、女性や若年者の雇用、賃上げなどの取り組みにもかかわらず、全体的に慢性的な人手不足が年々拡大しています。このため、新たな人材確保の手段として特定技能外国人の活用が注目されています。今後、新築物件の増加、外国人旅行者の急増などビルクリーニングが求められる場は広がり続ける見通しです。
Q:特定技能外国人材の受け入れ企業になるための条件を教えてください。
A:特定技能外国人を受け入れるためには、建築物内部の清掃に従事させること、ビルクリーニング分野特定技能協議会の構成員になること、適切な雇用契約を結ぶと、支援する体制を整えることが必要です。また、建築物清掃業または建築物環境衛生総合管理業の登録が必要です。

特定技能ビルクリーニング人材の採用までの流れ

準備中

人材採用に必要な概算料金

ビルクリーニング特定技能人材の採用コストについて、初期費用からランニング費用まで、お客様のご予算に応じた全ての費用をプランニングいたします。

特定技能外国人紹介料が 80,000円 から、と採用にかかるコストやリスクを最小限にしたご提案をいたします。

項目 料金 (税抜)
初期費用
特定技能外国人 紹介料 80,000円〜
在留資格認定許可 申請代行費 120,000円〜
ランニング費用
登録支援機関支援費(毎月) 20,000円〜
在留資格認定許可 申請代行費(年1回) 70,000円〜
特定技能外国人の受け入れ・雇用のご相談はこちらから

お電話でのお問い合わせ

042-444-8655
受付時間:平日 9:00〜17:00
外国人雇用ガイドダウンロード